Archive for 10月, 2015

援交ならばタダで泊まれてお金も手に入ると思っている

火曜日, 10月 13th, 2015

家出をするときは家に帰りたくない訳ですが、そこで安易に泊めてくれる泊め男に頼ってしまう少女もいるのです。
もちろん泊める方は男性ですから、当然のように見返りとして援助交際を期待している事もあるのです。

泊めてくれそうな相手を探す

ネカフェ難民が話題になったようにネカフェならば安く泊まることも出来ますが、いくら安くても料金がかかります。
少しでも節約したいと思えば、タダで泊まる方法を考えてしまいます。
そこで神待ちをするようになるのですが、それには出会いアプリを利用する事もあります。
スマホで掲示板を利用するだけではなく、アプリを使って探す事も増えてきているようです。
そうやって泊め男から連絡を待っているときに、援助交際の誘いが来る事になるのです。
援助交際ならばラブホテルに泊まる事が出来ますし、さらにお小遣いが手に入るので誘いに乗りやすくなっているのです。

ブルセラの誘いも来る


泊めることは出来なくても、ブルセラのように下着を買うという誘いがくる事もあるようです。
もちろん援助交際が嫌な場合には、自分からお金のためにブルセラをする場合もあります。
こういったやり取りも出会いアプリなどを使われると、なかなか発見しにくいのです。
ネットの掲示板には神待ち用のものなどもありますが、こういった場所の書き込みであれば発見しやすく補導にも繋がるでしょう。
ですがアプリを使われてしまうと、アプリ毎に個別にチェックしなくてはならないので発見しにくくなるのです。

お金がもっと欲しくなり援助交際に手を出していく

月曜日, 10月 12th, 2015

家出をするとなればお金が必要になるのは当然のことです。
ですからお金がないので家出を諦める場合もあるのですが、最近はスマホの普及によって家出少女がお金を稼ぎやすい状況も出来てきているのです。

家出してからお金が稼げる

もちろん家出中ですから普通にアルバイトをするのは難しいので、もっと違う方法で稼ごうとするので援助交際などを始めるのです。
スマホには出会いアプリなどもあり、色々な面で援助してくれそうな相手を探す事がしやすい環境があるのです。
もちろんこういった出会いアプリは普通、援助交際ではなく恋人などを探すのですが、使う人次第で探す相手との関係は変わってしまうのです。
ですから最初は家出少女が神待ちをしながら泊め男を捜していても、結果的に見つからなくてラブホテルでも泊まれればいいと思い、援助交際をしてしまう事もあるのです。

ブルセラで手軽に稼ぐことも

お金が少しでもあればネカフェ難民のようにネカフェで安く過ごすことも出来ますが、そのお金を稼ぐ方法としてブルセラをする少女もいるようです。
援助交際よりも安心という考えかも知れませんが、金額につられて援助交際に発展する事もあるのです。
しかもこれも出会いアプリなどで、買ってくれる相手を探せてしまうのです。
せっかく家出をしているのですから、もっと楽しく過ごしたいという気持ちが出てくると、ブルセラよりも稼ぎたいと思う事もあるのです。
家出少女が手を出してしまう援交の恐ろしさとしてその結果、ラブホテルなど泊まる場所も手に入るので、援助交際を始めてしまう場合もあるのです。

援交では本番なしなどの条件が守られるとは限らない

日曜日, 10月 11th, 2015

家出をしても援助交際やブルセラでお金を手に入れるようになると、家出をしたまま帰らなくても生活が出来てしまいます。
ですが、そのまま危険のない生活が続けられるとは限らないのです。

援助交際は危険な場合も多い

安全な泊め男だと思っていても、ラブホテルに泊まるとなれば肉体関係を迫ることは当然考えなければなりません。
ならば最初から援助交際にして、お金などの条件を決めた方が良いと考える少女もいます。
ただ、こうやって決めた約束が守られる保障はありませんし、援助交際ですから騙されても泣き寝入りしてしまう事も多くなるのです。
本番はなしという条件だったとしても、もちろんそれも守って貰えるとは限りません。
色々な危険があるにも関わらず、お金を手にするために援助交際をしてしまう家出少女がいるのです。

ネカフェに泊まるにもお金

未成年が夜間に街中や公園をうろついていれば、補導される可能性が高くなります。
ですからできるだけ人目に付かない場所に泊まりたいのですが、ネカフェで過ごすとしてもお金は必要になります。
ネカフェは宿泊場所として使うだけではなく、スマホの充電のためや援助交際の相手探しにもネットが使えるので便利なのです。
ネカフェ難民という言葉があるように低料金で利用できますが、それでもお金は必要なので無いときは出会いアプリなどで神待ちをしながら相手を探すのです。
アプリならばいつでもどこでも使えますし、連絡もスムーズなのでその日の相手を探せてしまい、援助交際の温床になりやすいのです。

出会いアプリで見つけたよく知らない相手と援交してしまう

土曜日, 10月 10th, 2015

家出をしてもお金がなければ暮らしていけませんから、いかにお金を使わないで生活するかを考えるようになります。
そしてお金を稼ぐ事も考えるのです、その方法として家出少女が選ぶのが、援助交際やブルセラという事もあるのです。

普通ならば相手が見つからない

ですが、援助交際にしてもブルセラにしても、相手となる男性が必要になります。
街中で神待ちをしながら声を掛けてくる男性を待っても良いのですが、それではいつ相手が見つかるか分かりません。
自分から声を掛けていれば補導される可能性も高まるので、結果的にスマホのアプリで相手探しをすることが多くなるのです。
出会いアプリを使うと普段は接点のない相手とも連絡がとれるので、泊め男を見つけやすくなるのです。
ただ、いくら見つけやすくても泊め男がいつ見つかるか分からないので、それまではネカフェで過ごすこともあります。

見つかるまではネカフェで過ごす

未成年だと深夜の利用は難しくネカフェ難民のように泊まる訳にはいかないので、ここでも神待ち掲示板などを利用して相手を探す事もします。
ラブホテルならば泊まることも出来ますし、援助交際でお金を手にすることも出来てしまいます。
ただ、援助交際は家出をしていてもお金を稼げるものの、そこには危険も潜んでいます。
そもそも相手の男性が約束通りにお金を払うとは限りませんし、騙される危険も大きくどうなるか分からないのです。
出会いアプリでは色々と誤魔化しやすく、便利なものの危険も潜んでいるのです。